×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン控除ガイドU



不動産広告の注意点は?

不動産広告やチラシの間取り図・写真について

不動産広告やチラシには必ず間取り図が載っていますが、どうしても間取り図で見ると広く感じるものです。

また、チラシの写真というのも広く見せるテクニックを使っています。明るく日当たりの良い写真もそのように見せる撮影や印刷のテクニックがあるのです。

ですから、やはりモデルルームや実際の物件を自分の目で確認するという足を使った調査が大切です。

ちなみに、マンションの場合には建設中ということもあるかと思われますが、そのような場合も実際に建設現場に行って周囲の状況などの確認はした方がよいでしょう。

不動産広告・チラシの住宅ローンに関する注意点は?

新築分譲マンションの広告などでは、よく「100%ローン可能」とか「月々返済4万円台で購入可能」などといった魅力的な返済プランが掲載されていることがあります。

しかしながら、このようなプランは、安全で有利な住宅ローンを組むという観点からはあまりお勧めできません。

というのは、このような多くのプランでは35年返済を利用しているからです。

これですと、25歳から返済を開始しても完済時には60歳になってしまいますし、利息を含めた総返済額もかなりの額になってしまいます。

現在は給与が右肩上がりの時代でもないですし、終身雇用も揺らいでいる社会情勢ですから、自分なりの無理のない返済計画を練ることが大切です。

不動産広告・チラシの所要時間は?

住宅の購入の際には立地が重要なのはもちろんですが、現在の住まいよりも郊外になる場合には、通勤時間も気にする必要があります。

不動産広告・チラシには、最寄り駅から都心の主要駅までの所要時間が載っていますが、それには乗換えや電車待ちの時間は含まれていませんので、実際の通勤時間とは限りません。

ですから、電車の時刻表をチェックして所要時間よりもやや長めの時間を目安にするとか、実際に通勤時間に目的地から電車に乗って確かめてみることが大切になります。


不動産広告の注意点は?
収入証明書とは?
不動産広告の資金計画は?
共働きで将来妻が退職する場合は?
フラット35−Sとは?
実印は重要?
共有名義のポイントは?
相続時精算課税制度を利用すると?
つみたてくんの利用者は?
土地を購入して新築するときは?
IT
未成年・借金・取消し
消費者相談窓口
クレジット契約・金銭消費貸借契約・時効
シックハウス症候群
指定流通機構
借地権の対抗力
買換えローン
住宅融資保険
指定講習
支払配当損金算入
従業者証明書
住宅保証機構
住宅リフォーム・紛争処理支援センター

Copyright (C) 2011 住宅ローン控除ガイドU All Rights Reserved