×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン控除ガイドU



土地を購入して新築するときは?

土地の先行取得とフラット35について

土地を購入してからそこにマイホームを新築する場合、いわゆる土地の先行取得の場合にはフラット35や財形住宅融資は利用できません。

というのは、これらの融資は基本的には建物を対象としているからで、土地への融資は建物と一緒でないと受けられないからです。

なので、土地の購入資金については民間のローンを利用することになります。

マイホームを新築する際の資金計画はどうすればよいのですか?

マイホームを新築する際は、融資限度額の多いフラット35を中心に資金計画を立てます。その際には、土地※についても融資を受けることができますので、その分で土地を購入する際に借りた民間ローンを返済することもできます。

ただし、その場合には、土地のローンを組んでいた銀行などの了解をあらかじめとっておく必要がありあますので注意してください。

なお、建物についてだけフラット35(買取型)を借りる場合でも、土地には住宅金融支援機構の抵当権が設定されますので、土地に融資している銀行の了解が必要になります。

※2005年4月1日以降に購入したものに限ります。


不動産広告の注意点は?
収入証明書とは?
不動産広告の資金計画は?
共働きで将来妻が退職する場合は?
フラット35−Sとは?
実印は重要?
共有名義のポイントは?
相続時精算課税制度を利用すると?
つみたてくんの利用者は?
土地を購入して新築するときは?
RCC
公正証書
印紙がない借用書は無効か
破産手続申込直後の借入
司法書士の資格
住宅街区整備事業
住宅・土地統計調査
旧公庫の新特例の措置
省エネ型住宅
社会的責任
集成材構造
住宅紛争処理センター
準難燃材料
消費者契約法

Copyright (C) 2011 住宅ローン控除ガイドU All Rights Reserved