×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン控除ガイドU



再適用が受けられない賃貸していた場合とは…

再居住した年に住宅を賃貸していた場合には、住宅ローン控除の再適用は再居住した年については受けられないとのことですが、どのような場合が賃貸していた場合に当たるのでしょうか?


住宅ローン控除の再適用と賃貸について

住宅ローン控除の再適用というのは、再居住した年以後の各適用年に認められているものです。

しかしながら、再居住した年に住宅を賃貸用に使用していた場合には、再居住した年については再適用がなく、再居住した年の翌年からの再適用が認められています。

そこで、この賃貸に使用しているというのは具体的にどのような場合が該当するのかが問題になりますので、以下個別にみていきたいと思います。

親族に住宅を無償で貸し付けた場合

措置法第41条第7項上の「賃貸」というのは民法第601条の「賃貸借」のことをいいます。

よって、使用賃貸は含まれませんので、無償の貸し付けについては賃貸には該当しないということになります。

自家用車の駐車スペースを貸し付けた場合

この場合は土地の賃貸であるので住宅の賃貸には該当しません。

庭の一部を整理して駐車場として貸し付けた場合

この場合は土地の賃貸であるので住宅の賃貸には該当しません。

ちなみに、 この場合の駐車場として貸し付けた土地は居住用とは認められませんので、住宅ローン控除の再適用額の計算をするときには、貸し付けた土地の分の住宅ローン等の年末残高を除く必要があります。

住宅の一部を物置として貸し付けた場合

この場合については、住宅の一部の貸し付けであり住宅の賃貸に該当します。

居住用にした当初から貸店舗併用住宅の場合

まず、店舗併用住宅のように住宅のうちに居住用以外の用途にする部分がある場合には、住宅ローン控除の計算をするときに、その部分についての住宅ローン等の年末残高は除外することになっています。

なので、居住用以外の店舗部分については住宅ローン控除が適用されません。

また、賃貸用として使用していた住宅は、住宅ローン控除の適用を受けていた住宅(この場合は居住用部分)に限られます。

よって、住宅の一部に自己の居住用以外として使用される貸店舗部分があった場合には、その部分は当初から住宅ローン控除の適用を受けていませんので、再居住した年に貸店舗として賃貸していても、住宅の賃貸には該当しないということになります。

ちなみに、貸店舗併用住宅のうち住宅ローン控除の適用を受けていた居住用部分を、再居住した年に賃貸した場合は、住宅の賃貸に該当することになります。


住宅に再入居した直後に借入金でリフォームをした場合、住宅ローン控除の再適用は受けられますか?
平成15年3月に転勤命令があって、同年に6月に転居した場合はどうなりますか?
再居住したので住宅ローン控除の再適用を受けたいのですが…
転勤命令等によって転居するときの手続きはどうしたらよいのですか?
転勤命令で転居したけれど同じ年に再居住した場合は?
平成14年10月に転勤命令があって平成15年7月に家族とともに転居した場合は?
再居住した翌年以後はどのようにして住宅ローン控除の再適用を受けたらよいのですか?
転勤命令で転居した際に、税務署に届出書を提出しなかったのですが…
2回以上再転居した場合も住宅ローン控除の再適用は受けられるのですか?
再適用が受けられない賃貸していた場合とは…
住宅ローンの相談に必要な書類について
団体信用生命保険への加入について
元利均等返済の仕組みについて
ボーナス返済は危険かについて
担保評価について
頭金の貯め方について
預金連動型ローンについて
フラット35(保証型)について
収入条件の収入について
投資用マンションの利回りについて
貸金業者・登録標識・貸付条件
ジャンプ
新規申込み・借りられる割合
商品名・分割払手数料・立替払契約書・申込書

Copyright (C) 2011 住宅ローン控除ガイドU All Rights Reserved