×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン控除ガイドU



譲渡担保の債務が完済されると?

譲渡担保の債務が完済されると?

債務が完済されると、目的物の所有権は債務者に復帰します。

しかしながら、債務が弁済されない場合は、債権者Aはこれを第三者に売却し、または自己の所有とすることによって、優先弁済を受けることになります。

ただし、債権者Aは、債権額を超える部分の清算をしなければなりません。

債務者の他の債権者が目的物を差し押さえたら?

債務者に、上記以外の債権者Bがいて、その債権者Bが目的物を差し押さえた場合は、債権者Aは、第三者異議の訴ができます。

関連トピック
譲渡担保の禁止とは?

譲渡担保の禁止というのは、次のような場合には、担保の目的でその宅地や建物を譲り受けてはならないというものです。

⇒ 宅建業者が、自ら売主として宅地や建物の割賦販売を行った場合において、その宅地や建物を買主に引渡し、かつ、代金の額の10分の3を超える額の金銭の支払いを受けた後

なぜ譲渡担保を禁止しているのですか?

宅建業者がいったん所有権を買主に移転してから、再度、残代金の担保手段として、その不動産の所有権を譲り受けることは、買主にとって宅建業者の倒産や二重売買による危険があるので、譲渡担保を禁止しているのです。


譲渡担保とは?
譲渡担保の禁止とは?
条例とは?
所得税とは?
所要時間の算出地点とは?
譲渡担保の債務が完済されると?
消費生活センターとは?
除斥期間とは?
所得税の計算は?
信義誠実の原則とは?
専属専任媒介契約
役員が宅地建物取引主任者
損害賠償
大都市の住宅と住宅地の供給
宅地建物取引業
全体計画(マスタープラン)
造作買取請求権
耐震構造
代物弁済の予約
宅地建物取引業保証協会の分担金
ROE
名前を貸して借金
返済期限
破産法の否認権

Copyright (C) 2011 住宅ローン控除ガイドU All Rights Reserved