×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン控除ガイドU



住宅ローン控除額の計算の基になる金額は?

住宅ローン控除額の計算の基になる金額はどのように計算すればよいのでしょうか?


解説

住宅ローン控除額というのは、住宅等の取得等※についてその年の12月31日時点の住宅ローン等の金額の合計額を基にして計算することになっています。

具体的には、次の金額が住宅ローン控除額の計算の基になる金額です。

T.その年12月31日時点の住宅ローン等の年末残高の合計額が住宅等の取得等の価額を超える場合

⇒ この場合は、その住宅等の取得等の価額に相当する部分までの金額です。

U.住宅と敷地が店舗併用住宅であるなど居住用以外に使用している部分がある場合

⇒ この場合は、次のどちらかの区分に応じたそれぞれの金額です。

■住宅と敷地を一括購入したときや住宅の新築の日前に、その新築工事の着工の日後に受領した借入金によって住宅の敷地を購入したときは、 次の金額の合計額になります。

・住宅の新築や購入についての住宅ローン等の年末残高の合計額に住宅の総床面積に占める居住用部分の床面積の割合を乗じて計算した金額
・住宅の敷地の購入についての住宅ローン等の年末残高の合計額にその敷地の総面積に占める居住用部分の敷地の面積の割合を乗じて計算した金額

■敷地の先行購入のときは、次の金額の合計額になります。

・住宅の敷地の購入についての住宅ローン等の年末残高の合計額にその敷地の総面積に占める居住用部分の敷地の面積の割合を乗じて計算した金額
・住宅の新築や購入についての住宅ローン等の年末残高の合計額にその住宅の総床面積に占める居住用部分の床面積割合を乗じて計算した金額

V.増改築等をした部分に店舗部分があるなど居住用以外に使用する部分がある場合

⇒ この場合は、その年の12月31日時点の住宅ローン等の合計額に、増改築等にかかった費用の総額のうちに居住用の部分にかかった費用の額の占める割合を乗じて計算した金額です。

W.その年の12月31日時点の住宅ローン等の合計額が4,000万円を超える場合

⇒ この場合は、4,000万円までの金額です。

※住宅等の取得等…住宅の新築・購入(一定の敷地の購入も含む)や増改築等

もし、上記の計算の基になる金額が2つ以上該当した場合はどうしたらよいのでしょうか?

その場合は、 T→U(またはV)→Wの順番で計算してください。



転勤命令で転居したがその後家族のみが再居住した場合は?
「給与等の支払をする者からの転任の命令に伴う転居その他これに準ずるやむを得ない事由」とは…
住宅ローン控除額の計算の基になる金額は?
年末調整までに年末残高証明書が間に合わない場合は?
死亡や火災で住宅に住めなくなったら…
単身赴任で家族のみが居住していたがその後誰も居住しなくなった場合は…
所得が3,000万円を超えてしまい控除が受けられない期間があるのですが…
今年6月にマイホームを購入したが10月には転勤で転居することになった場合…
店舗併用住宅の年末の借入金等の残高
住宅ローンの借換えをした場合、年末残高証明書はどこから交付されるのですか?
自由設計型について
保証機関について
返済計画の立て方について
重い病気だとローンが免除される商品について
契約解除の方法について
ソニーバンクの融資条件について
一戸建て購入の際のポイントについて?
証券化ローンについて
具体的な住宅ローンの流れについて
住宅ローンを取り扱っているところについて
営業所・事務所
特定調停・デメリット
利息制限法・超過利息
個品割賦購入あっせん

Copyright (C) 2011 住宅ローン控除ガイドU All Rights Reserved