×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

住宅ローン控除ガイドU



共有住宅の場合は取得価額はどのように判定するのですか?

共有住宅の場合は、借入金の額が住宅と敷地の購入価額を超えるかどうかをどのように判定したらよいのですか?


住宅ローン控除額の計算方法について

住宅ローン控除額というのは、住宅等の取得等※に係るその年12月31日時点の住宅ローン等の金額の合計額を基にして計算することになっています。

このとき、住宅ローン等の合計額が住宅等の取得等の額を超える場合には、住宅等の取得等の額を基にして計算することになります。

※住宅の新築・購入(一定の敷地の購入を含みます。)や増改築等のことです。

質問の場合の「取得等の対価の額」はどうなりますか?

共有住宅の場合には、その住宅全体の取得等の対価の額にその人の共有持分割合を乗じて計算した金額が、その人の取得等の対価の額になります。

関連トピック
数年分の割賦償還金を繰上返済したため、償還期間が短くなりました。
この場合、これまでと同じように住宅ローン控除を受けられるのでしょうか?

住宅ローン控除の対象になる住宅ローン等の要件について

住宅ローン控除の対象になる住宅ローン等は、契約で償還期間が10年以上の割賦償還の方法で返済することになっている借入金や、賦払期間が10年以上の割賦払の方法で支払うことになっている債務であることが要件になっています。

繰上返済した場合はどうなるのですか?

契約で10年以上の割賦償還の方法で返済することになっている借入金を、その年に繰り上げて返済したとしても、「償還期間が10年以上の割賦償還の方法で返済することになっているもの」であれば、その年の12月31日時点の実際の借入金の残高を基にして住宅ローン控除の適用が受けられます。

しかしながら、繰上返済したことにより、「償還期間が10年以上の割賦償還の方法で返済することになっているもの」に該当しなくなったときには、その該当しなくなった年以後は住宅ローン控除は受けられないことになります。

質問の場合はどうなりますか?

ご質問の場合は、繰上返済したことによって償還期間が短くなったとのことですが、当初の契約で定められていた最初に償還した月から、その短くなった償還期間の最終の償還月までの期間が10年以上であるならば、本年以後も住宅ローン控除を受けることができます。

しかしながら、これが10年未満となる場合には、本年以後の住宅ローン控除は受けられないということになります。

植木、芝生、花壇、庭園等は敷地の取得価額に含めてもよいのでしょうか?
門、塀、電気器具、家具セット、車庫等の取得価額は住宅等の取得価額に含まれますか?
建築士に支払った設計料は住宅ローン控除の対象に含めてよいのでしょうか?
金利(利息)や割賦事務手数料は住宅等の取得価額に含まれますか?
共有住宅の場合は取得価額はどのように判定するのですか?
居住用住宅の敷地とはどのように判定するのですか?
マンションを購入したのですが共有部分の購入価額は住宅等の取得価額に含まれますか?
電気設備等や取付工事の費用は住宅等の取得価額に含まれるのでしょうか?
共有住宅の一方の共有者だけが自分の借入金で増改築等をした場合は?
割賦償還金を繰上返済したら住宅ローン控除は受けられなくなるのですか?
警察の捜査・個人情報開示
悪質な取立て
審査・勤務先確認
割賦販売法・遅延損害金の上限
銀行の住宅ローンの金利
契約時の印紙税
相続時精算課税制度の仕組み
段階金利の期間短縮型
新築マンションの物件概要の見方
信用金庫・信用組合のローン
仲介手数料の金額
耐震強度偽装再発防止の法律
年代別のマイホーム取得
下見

Copyright (C) 2011 住宅ローン控除ガイドU All Rights Reserved